アパート探しするときのunderwired業者選びに迷う

アパート探しするときのunderwired業者選びに迷う

rainbow

あまり築年数が新しいアパートには住めないという傾向が

アパート探しをするとき、私はいつも迷ってしまうことがあります。
それは、その地域に根付いている地元の不動産屋さんで探すのか?それとも大手の賃貸仲介業者で探すのか?ということです。

街中を歩いていると、昔ながらの不動産屋さんもあれば、駅前にあるような大手の賃貸仲介業者もあります。
それぞれにメリットとデメリットがあり、アパート探しをするときはどちらで探すのかとても悩みます。

地元の不動産屋さんですと、あまり築年数が新しいアパートには住めないという傾向がありますが、その分大家さんとの結びつきが強いため、入居後トラブルになりにくいというメリットがあります。
一方大手の賃貸仲介業者ですと、次々と最新の物件を紹介してくれたり、各種キャンペーンによる値引きがあったりなどのメリットがありますが、担当者によって紹介する物件にバラつきがあるというデメリットもあります。

結局、どちらも行ってみなければわからないことが多いので、最終的には経験と勘で選ぶしかないと私は思っています。

静かだけと駅までは遠いです

今住んでいるところに土地を買った理由は、静かで治安がいいからでした。
前に住んでいたところは、住宅地だったのですが、家の前の道路の交通量がとても多かったので。

とにかく、家の前で自由に子供を遊ばせられるところがよかったのです。
今の家はすぐ行き止まりになっているので、まず近所の人か宅配便程度しか通りません。

ですので、子供が小さい時は目を離しても大丈夫なほどでした。
近所の人もかなり徐行しますしね。

ただ、その反面、駅までがかなり遠いのがちょっと不便です。
歩くとだいたい25分~30分程度。

バスで10分はかかります。
ですので、自転車か送迎をすることになってしまうんですよね。

バス代も220円するので、往復440円。
あまり気軽に使うことは出来ません。

子供が小さい時は駅までの距離なんて考えもしなかったですが、やはり今は大きな問題となってます。
まあ、どちらも満たした物件などそうないでしょうし、あってもかなりの金額がするでしょうね。

住宅を購入するなら火災保険が必須

住宅を購入するなら火災保険が必須
これから住宅を購入しようと考えている方、最近住宅を購入したという方は火災保険についてしっかりと加入を検討されているでしょうか。
生活の基盤である住宅を守るためには、火災保険への加入が必要不可欠と言っても過言ではありません。
火災保険がなぜそんなに重要なのかというと、近隣の住宅からの火災時に損失をカバーしてくれるものは火災保険しかないためです。
「隣の家が悪いのになぜ自分たちが責任を負わなければいけないの」と思われる方も多いかと思いますが、火災時に適用される失火責任法では軽過失については出火元の責任を認めていないため、自分たちで対策を講じるしかないわけです。
また、火災保険に加入していれば火災以外にも水害や落雷、爆発、水濡れといった様々な住宅や家財に対する損失をカバーすることが出来ます。
火災保険に加入する負担も決して軽いものとは言えませんが、万が一の事態が発生した際に自宅を守るのはそこに住む本人たち以外に居ませんので、ぜひ火災保険の加入は検討するようにしてください。

住宅に関するトラブルを解消するためには

住宅に関するトラブルを解消するためには
アパートなど賃貸物件に住んでいる場合や家を購入した場合双方とも、何らかの不動産に関するトラブルが発生することが結構あるんじゃないかと思います。
アパートに住んでおられる方でしたら契約更新の際に何も悪いことをしていないのに出て行ってもらえないかと言われたり、引越しの際に部屋の現状を回復するための法外な費用を要求されたなんてケースがあるかもしれません。
また一軒家を購入した場合にもトラブルは付き物だと思うんですが、せっかくのマイホームにもかかわらず欠陥住宅を掴まされてしまったなんて事もあるかもしれません。
または自宅をリフォームしたら予想外の料金を請求されてしまったなんてケースもかなりあるようです。
このような住宅に関する悩み事を解決するためには、やはり弁護士の方にお願いすることが一番確実な方法ではないかと思います。
住宅関連に強い弁護士事務所というものがあると思いますので、家に関してのトラブルは一人で抱え込まずに相談することが重要だと思います。

マンション購入のタイミング

物事には、何でもタイミングがありますよね。
持ち家のタイミングや分譲マンションの購入タイミングってあると思いますか?私は、あると思います。

買うタイミングは、ずばり、買いたいと思った時だと思いました。
色々情報を目にします。

消費税前とかローンが安いとか、子供が○○歳になった時とか。
けど、結局、損か得かなんて、後になってみないと解からない事なのです。

また、他人が判断する事ではなく、購入者自身が、判断される事なのです。
私の経験を申しますと、空前の低金利だと思い、フラット35を申し込みました。

また、土地の価格もこれ以上下がらないだろうと思っていました。
見事、予想は、外れました。

しかし、買った事を後悔していません。
ただ、ローンは、変動金利にすればよかったと思っています。

勿論、全部というのは、リスクが高いから一部分です。
結局、人によって収入や貯金も違うし、買うタイミングなんて人それぞれです。

また、いい物件や安い物件があれば、前倒しのタイミングで購入するべきでしょう。