所得証明不要でカードローンからお金を借りるには

所得証明書,不要,カードローン
カードローンの申し込みをすると所得証明書を求められることがあります。すぐにお金が必要なのに手元には所得を証明するものがないとき、どうすれば所得証明書不要でカードローンからお金を借りることができるのでしょうか。

 

借りる金額を50万円以下にする

 

消費者金融のカードローンでは、希望の限度額を50万円より大きい金額にすると、必ず所得証明書の提示を求められます。

 

消費者金融は50万円より大きなお金を貸すとき、利用者の年収を調べてその金額の3分の1までしか貸してはいけないという法律があるのです。

 

消費者金融カードローンから所得証明書不要でお金を借りるなら、申請する希望限度額は50万円までにしておきましょう。

 

銀行カードローンを使う

 

銀行カードローンの場合には、50万円以上の金額を貸すときにも銀行に利用者の所得調査を義務付ける法律はありません。銀行は自主的に所得証明書を必要とする金額のラインを設定しています。

 

公式サイトの宣伝などで「100万円までは所得証明不要」などと書かれており、消費者金融より大きな金額を所得証明書なしで借りることが可能です。

 

銀行カードローンの商品説明を調べて、所得証明不要な金額内で申請するとよいでしょう。ただし、高い金額を借りるときは、それに見合った収入などの信用力が必要となります。

 

 

所得証明書,不要,カードローン
所得証明書不要ですぐに借りたい方はこちら

所得証明書不要のカードローンは多い

意外なことかもしれませんが、所得証明書を不要としているのがカードローンの方が圧倒的に多いです。何故カードローンの方が多いのかということですが、これは総量規制が関係しています。キャッシングは総量規制の影響を受けているので、指定されている数字以上の場合は収入を確認しなければなりません。

 

しかしカードローンの場合、銀行側が自由に設定してもいいことになっているので、自由に決めてもいいことになっています。

 

所得証明書を不要としているカードローンの場合、100万円以上でも提出しなくていいことが多いです。こうして提出しなくてもいいような状態で申し込みをすると、早めに審査を完了させることができます。所得証明は審査時間を遅くするような要因にもなっているので、こうしたものを提出しなくてもいい会社を利用した方が、いいことも多いです。

 

カードローンは最大で300万円まで提出しなくてもいいことが多いので、殆どの方は提出しなくても大丈夫です。

 

その代わりに利用限度額の設定をそれに合わせることが必要であり、高望みをしないようにしてください。しっかりと理解して行っていけば、所得証明を提出して遅くなるようなことはなくなり、カードローンは利用しやすくなります。

所得証明書不要というフレーズを見るカードローン

所得証明書,不要,カードローン
最近、カードローンの発行宣伝において、所得証明書不要というフレーズをよく見ます。自分は、テレビを所有していない生活ですので、主にネット広告です。クレジットカードにおけるキャッシングは、所得証明書不要です。

 

そういう事もあり、条件が緩和されてきているのだと思います。ただクレジットカードにおけるキャッシングは、30万円とか50万円が普通であり、多くても100万円ですけどね。カードローンは、300万円とか500万円に対応していて、融資枠が違うという点も考慮に入れなければなりません。日銀の金融緩和により、市場金利は低下する一方です。

 

また、貸出高も増えていないと言われています。たぶん今までにない借り手市場だと思います。そういった背景があり、このような条件緩和に繋がっているのだと思います。

 

他にも、キャッシングの特別金利キャンペーンも増えてきました。

 

明らかに、貸し手側は、返済能力がある人なら喜んで貸す時代だと言えるでしょう。申し込んだ事がないため、詳しい事は解かりませんが、所得証明書不要であっても、無職やアルバイトには、カードローンを発行してくれないと思います。あくまで仕事に就いており、その職場が、確認できた人だけにカードローンを所得証明書不要で発行しているのだと思います。

所得証明書不要になるカードローンが多い

ご利用限度額の範囲で何度でも借入できるカードローンにお申し込みするには所得証明書の提出が必要である場合と必要ない場合があります。

 

所得証明書は準備するのが面倒で時間がかかりがちなので、お急ぎの時は出来るだけ所得証明書不要でカードローンにお申し込みしたいものです。

 

一般的にご利用限度額が50万円まで、ご利用限度額と貸金業者の借入額の合計が100万円までの条件を満たすと所得証明書不要です。

 

しかし所得証明書不要になる条件はカードローンによって異なります。

 

銀行のカードローンでは100万円まで、300万円までと敷居が高くなることがあります。

 

消費者金融のカードローンでは50万円までと敷居が低いことが多いです。

 

所得証明書の準備が出来ないけど50万円までのご利用限度額で良いと言う方は選択肢が広がります。

 

貸金業者から借入がある方は合計で100万円を超えないようにしてください。

 

もし超えている場合は100万円以内になるよう返済を進ませて調整するか、貸金業者ではなく銀行のカードローンなどに借り換えされておくと良いです。

 

しかし返済を進ませる、借り換えするより所得証明書を準備したほうが簡単かもしれないです。

 

必ず不要になるわけではなく審査によっては提出が求められることがあるので事前に承知しておいてください。

 

無利息キャッシングの活用について

ボーナス直前、でもどうしても欲しいものがある…そんなときにキャッシングを活用して欲しいものを早く手に入れられます。私は家の冷蔵庫が突然壊れてしまい、ボーナス前で買い替え資金が手当てできずに困っていました。

 

そんなときにキャッシングには初回契約者限定で無利息キャッシングというものがあると知りました。これは契約から30日間であれば利息支払いなしで、お金を借りられるというものです。

 

あくまでお試し、キャッシングの使い勝手を確認するのが主な使い方ですが、冷蔵庫買い替え資金としてキャッシングしたお金を当てて、ボーナスが入ればすぐに返せば利息負担もなく、すぐさま必要なものを手に入れられると気付きました。

 

このやり方の注意点はあくまで初回限定ということ、実施している金融機関も限られているということ、また初回利用ではなく契約日から30日間のみということです。

 

利用から30日間と契約から30日間は大きく違います。例えば思い立ったときに契約だけしておいて、使いたくなった時に無利息の権利を使えると言うわけではないのです。

 

また、金融機関の一部では無利息キャンペーンを他の条件で展開しているところもありますので、利用前に確認すべきです。

 

更新履歴


http://www.rescue-babys.com/ http://www.undertheworld.info/ http://www.yokel.biz/ http://www.bpyha.com/ http://www.disfu.com/ http://www.rmnphoto.com/ http://www.nsinns.com/ http://www.katz-winery.com/ http://www.kitanoyado30.com/ http://www.noeent.com/